花粉症市販薬でおすすめは?眠くならないものは?

ご訪問ありがとうございます。

3月になり、少しずつぽかぽか陽気になってくると、

なんか鼻や目がむずむずしてきませんか?

 

これの常連の私(泣)としては、

今年もやつが来たな・・・。」と思ってしまいますね。

皆さんの中でこれに毎年、悩まされている方も多いのでは?

花粉…
花粉… / tsuda

 

その「これ」とは、もちろん『花粉症』です。

全国的に早いところでは2月中旬ぐらいから飛散し始め、

むずむず感が襲ってきますね・・・。

 

花粉症がひどくなると、日常生活に支障が出るだけではなく、

気持ちも滅入ってしまいますね

 

どうにかして治せないものか?毎年そんな風に願っています。

花粉症対策は何をしていますか?

 

多くの方は、マスク、花粉症対策メガネをしたり、

いろいろな策を講じていると思います。

 

また、病院に行って花粉症薬を処方してもらっている人も多いのでは?

しかし、花粉シーズンになると、病院も混雑し、

待ち時間も長くなるので、なかなか行けない。

 

そんなときに市販されている花粉症薬で済ましている方も多いですが、

どれがどのような効果があるのか、眠くならないやつ等、

自分に合ったものを使っていますか?

 

市販されているものにも効果の違いは当然あり、

眠気が出るものとそうでないものもあります。

 

その違いについて気になりませんか?

そこで今回は、花粉症市販薬が気になる方へ、

おすすめのものを効き目(鼻水、鼻づまり対策)、

眠気度別に紹介していきますね。

 

注):薬にはかなり個人差があるので、気になるようでしたら、

お近くの薬剤師や医療機関を受診してくださいね。

また、今回は知り合いの薬剤師に相談して作成したものです。

         目次

  • おすすめの花粉症市販薬その1:『アレグラFX』
  • おすすめの花粉症市販薬その2:『ストナリニZ』
  • おすすめの花粉症市販薬その3:『エバステルAL』
  • おすすめの花粉症市販薬その4:『コンタック鼻炎Z』
  • おすすめの花粉症市販薬その5:『アレジオン10』
  • おすすめの花粉症市販薬その6:『アレギサール鼻炎』
  • まとめ

おすすめの花粉症市販薬その1:『アレグラFX』

おすすめの花粉症市販薬その1は、『アレグラFX』です。

アレグラFXは、抗ヒスタミン薬に分類され、

アレルギーを引き起こす物質の働きを抑制する薬。

 

特徴は、『眠くなりにくい』ことです。

久光製薬から発売されており、1日2回の服用が必要ですね。

 

価格の目安としては、14錠入り1380円

28錠入りで1980円程度です。

 

アレグラFXは、眠くなりにくいのが特徴ですが、

その分、効き目が他に比べて弱く、1日2回服用なので、

眠気度重視の方におすすめですね。

 

仕事や勉強中、眠気に襲われたら大変って方は、

アレグラFXを使ってみては?
hay fever
hay fever / peace6x

おすすめの花粉症市販薬その2:『ストナリニZ』

おすすめの花粉症市販薬その2は、『ストナリニZ』です。

ストナリニZも抗ヒスタミン薬ですが、アレグラFXとは違い、

眠くなりにくくはありませんが、効き目が強め

 

佐藤製薬から発売されており、1日1回の服用で良いので、

飲み忘れないで済みますね。

 

価格の目安は、10錠入り1700円

14錠入りで1980円となっています。

 

1日1回の服用で1日効果が持続しますが、

その分、眠気が出てくるかもしれないので、

十分に気をつけて服用してくださいね。

おすすめの花粉症市販薬その3:『エバステルAL』

おすすめの花粉症市販薬その3は、『エバステルAL』です。

エバステルALも抗ヒスタミン薬で、

アレルギーを引き起こす物質の働きを抑制する薬。

 

エバステルALの特徴は、アレグラFXとストナリニZの中間、

眠くなりにくさと効き目のバランスの良い薬ですね。

 

エバステルALは、興和から発売されており、

1日1回の服用で効果が期待されます。

 

価格の目安は、6錠入り1470円

12錠入りで2100円とちょっと高めですね。
花粉症?
花粉症? / saksan

おすすめの花粉症市販薬その4:『コンタック鼻炎Z』

おすすめの花粉症市販薬その4は、『コンタック鼻炎Z』です。

コンタック鼻炎Zも抗ヒスタミン薬で、

効き目、眠気度はおすすめ2のストナリニZに似ています

眠くなりにくくはありませんが、効き目は強い薬。

 

薬の効果は個人差がかなりありますが、

服用で眠くなりたくない方はおすすめしません

 

コンタック鼻炎Zは、グラクソ・スミスラインから発売されており、

1日1回の服用で効果が期待されます。

 

価格の目安は、10錠入り1680円

14錠入りで1930円とストナリニZと似ています。

 

ストナリニZとは、飲み比べしたりして、

自分に合うほうを探してみると良いかもしれません。

おすすめの花粉症市販薬その5:『アレジオン10』

おすすめの花粉症市販薬その5は、『アレジオン10』です。

アレジオン10も抗ヒスタミン薬で、効き目、眠気度は、

おすすめ3のエバステルALに似ています

 

アレジオン10は、エスエス製薬から発売されており、

1日1回の服用で効果が期待できます。

 

価格の目安は、6錠入り1280円

12錠入りで1980円でエバステルALより若干お買い得。

 

個人により効き目、眠気度は差があるので、

気になる方は両方試してみても良いかも。
そろそろ花粉も…
そろそろ花粉も… / anko.gaku_ula

おすすめの花粉症市販薬その6:『アレギサール鼻炎』

おすすめの花粉症市販薬その6は、『アレギサール鼻炎』です。

今まで紹介してきた5つの花粉症薬とは違い、

アレギサール鼻炎は、抗ヒスタミン薬ではありません。

 

長いですが、「ケミカルメディエーター遊離抑制薬」と呼ばれ、

アレルギーの原因となる物質が出るのを抑える薬。

 

名前はともかく、抗ヒスタミン薬との違いは、

かなり眠気が出るのを抑えられますが、

その分、効き目が弱く、1~2週間前からの服用が必要です。

 

大事なときに眠くなりたくない方や、

抗ヒスタミン薬だと効き過ぎる方におすすめかもしれません。

 

アレギサール鼻炎は、田辺三菱製薬から発売されており、

1日2回の服用で効果が期待されます。

 

価格の目安は、30錠入りで1980円ですね。

おすすめ1のアレグラFXに似ていますが、

もっと効き目をマイルドにしたい方は試してみても良いかもしれません。

まとめ

今回の花粉症市販薬のおすすめについてはどうでしたか?

6つの花粉症薬について紹介してきましたが、

効果は個人差が大きくあるので、その点は注意が必要ですよ。

 

私は上の花粉症薬をいろいろ試してみて、

結局、眠気度が高いとされている「ストナリニZ」を使っていますが、

あまり眠気に襲われることはないですね。

 

今回は、鼻水、鼻ずまり対策薬の紹介ですが、

花粉症は目もかゆくなるので厄介。

目薬も効き目に個人差があるので、自分に合ったものを。

 

また、病院に行く時間がある方は、

病院に入って花粉症薬を処方してもらったほうが、

往々にして安上がるのでそちらをおすすめ。

 

花粉症薬を飲んでも花粉症が治らないという方は、

一度、病院で「アレルギー検査」をして、

自分が何のアレルギーなのか知っておくのも一つの手ですよ。

 

上手に市販の花粉症薬を使って、

いや~な花粉症を吹っ飛ばしてしまいましょう!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のトラックバック

コメントを残す