隅田川花火大会2015の日程は?有料席やおすすめ穴場観賞スポットは?

ご訪問ありがとうございます。

最近は、東京スカイツリーやその周辺の東京ソラマチが人気な浅草界隈。

 

一昨年は突然の豪雨で急遽中止になってしまった

あのイベントが今年も迫って来ましたね~。(昨年は無事開催~。)

 

えっ?何が迫ってきたのという方、

そりゃもちろん、『隅田川花火大会』ですよ~。

中止にならなかった2012年の様子はこちら↓

どうですか?超ど級の迫力が映像でも伝わってきませんか?

 

それもそのはず、隅田川花火大会は東京最大規模の花火大会で、

花火打上総数約22500発、昨年の人出は約95万人にも上りました。

(昨年は突然の中止でかなりの混乱になりましたが・・・。(泣))

 

浅草下町、いや、東京を代表する夏の風物詩なので、

暇な人?(笑)だけじゃなく、無理してでも?行きたいところですね。

 

気になってきましたか?隅田川花火大会。

そこで今回は、隅田川花火大会2015が気になっている方へ、

日程・基本情報、おすすめ穴場観賞スポットについて

わかりやすく紹介していきますね。

         目次

  • 隅田川花火大会2015の日程・基本情報は?
  • 隅田川花火大会のおすすめ穴場スポットは?
  • まとめ

隅田川花火大会2015の日程・基本情報は?


隅田川花火大会は、古くは1733年から始まった

両国川開き花火大会」を継承したかなりの伝統がある花火大会です。

 

川を挟んだ2つの会場から、2万発を超える花火が打ち上げられ、

毎年100万人近くの観客が訪れるメガイベント!

 

そんな隅田川花火大会2015の日程・基本情報について

早速わかりやすく紹介していきますね。

隅田川花火大会2015の日程・基本情報

  • 開催日:2015年7月25日(土)
  • 花火打上時間19:05~20:30(第二会場は19:30~)
  • 会場(第一):桜橋下流~言問橋上流
  • 会場(第二):駒形橋下流~厩橋上流
  • 荒天時の場合:翌日に延期(小雨決行)
  • 花火打上数:約22500発(2会場併せて)
  • 見どころ:第一会場の「花火コンクール
  • 昨年の人出:約95万
  • 有料観覧席:あり(5月23日まで)
  • アクセス(電車):浅草駅から徒歩約15分(第一へ)
  • アクセス(車):東京駅方面から江戸通り経由で約6km
  • 駐車場:なし
  • 交通規制:周辺であり
  • TEL:03-5608-1111(隅田川花火大会実行委員会)

基本情報は変更になる場合があります

隅田川花火大会は、東京最大規模の花火大会で、

有料観覧席もかなりの人気があります。

 

申込期間は、2015年4月23日(木)~5月23日(土)「予定」で、

  1. 第二会場近く椅子席:1800口:1口5000円
  2. 第一会場近くビニールシート席①:1500口:1口6000円
  3. 同上②:500口:1口6000円
  4. 第一会場近く団体席:50口:1口24000円

1は、1口1人で応募は4口まで

2、3は、1口に付き5人までで応募は1口まで

4は、1口に付き22人まで利用可能で応募は1口まで

1の観覧席は、「墨田区側両国親水テラス」、

2、4は、「台東区リバーサイドスポーツセンター」の野球場、

3は、同上の少年野球場に設置されますよ。

 

応募方法は、『往復はがき』(1グループ1枚まで)に

希望会場、代表者氏名、郵便番号、住所、電話番号の他、

1の観覧席を希望の方は協賛口数、その他は来場者数を明記。

 

そして、申込先は、〒130-8640、

東京都墨田区吾妻橋1-23-20 墨田区役所内

隅田川花火大会実行委員会 市民協賛係」まで。

 

また、隅田川花火大会は主に2会場で開催され、

浅草駅に近いほう(駒形橋下流~厩橋上流)が第二会場、

遠いほう(桜橋下流~言問橋上流)が第一会場ですよ。(お間違いなく!)

 

当日はかなりの混雑が予想される上、

周辺に目ぼしい駐車場がないので車で行こうと思っている方は要注意!

(有料駐車場はすぐに埋まってしまっている・・・。(泣))
IMG_3500
IMG_3500 / y_uno

隅田川花火大会のおすすめ穴場スポットは?

毎年、かなりの人出を数える花火大会だけあって、

第1会場は前日から場所取りをしていないと、

場所取りするのは厳しいですね。(コンクールも第一会場のみ開催なので。)

 

一方、第2会場はどうかというと、

第1会場よりかは混雑せず、比較的空いてはいます。(でも、油断は禁物!)

 

しかし、当日、国道6号沿い交通規制18時閉鎖)されるので、

地元の人々はそれを利用して、その時間帯に場所取りをすれば、

かなり近くで花火を楽しめるかも。(狙い目だぁ~!)

 

どっちに行こうか迷っている方は、

全国の花火師達がしのぎを削る「花火コンクール」を見たいのであれば、

混雑必至で第一会場へ行きましょう。

 

混雑よりも「ゆったり感」を採る方は、

第二会場周辺で花火を楽しむと良いかもしれませんね。

 

第一、第二会場についてはこれくらいにして、

ここからは穴場スポットについて紹介していきますね。

 

穴場スポットその1:『コモディイイダ東向島店の屋上駐車場

コモディイイダ東向島店の屋上駐車場の住所は、

東京都墨田区東向島1-28-10で、花火打上会場からもそんなに離れません。

 

毎年隅田川花火大会の時に屋上を開放してくれるので、

特等席で観賞することができますよ。

 

しかし、ここで観賞するためには条件があり、

毎年1000円以上買い物をする、ポイントカードを持っている等をクリアする必要が。

まぁ、花火のお供を買うついでにポイントカードを作っておくのもありかも。

 

先着300名ぐらいの場所なので穴場といっても、

早めに行くことをおすすめしますよ~。

 

穴場スポットその2:『汐入公園

汐入公園の住所は、東京都荒川区南千住8-13-1で、

花火の打上会場から少し離れてしまうのが難点ですがおすすめできます。

 

どこがおすすめかというと、少し離れるので、

そこまで混雑せず、比較的ゆったり花火観賞することができますよ。

アクセスは南千住駅からゆっくり歩いて13分ぐらいでしょうか。

 

穴場スポットその3:『銅像堀公園

銅像堀公園の住所は、東京都墨田区向島5-9で、

近くに高い建物がないので間近で大迫力の花火が楽しめる場所です。

 

アクセスは、東武・曳舟駅から徒歩約10分(800m)ほどなので、

辿り着く間、そこまで混雑しませんよ~。

 

しかし、公園内自体は『立ち入り禁止』なので、

公園周辺の隅田川沿いの遊歩道から花火観賞すると良いですね。

 

穴場スポットその4:『東白鬚公園

東白鬚公園の住所は、東京都墨田区堤通2-2-1で、

アクセスは東武・鐘ヶ淵駅から徒歩約11分(850m)ほどです。

 

東白鬚公園では当日無料で「ゴザ」を貸し出してくれ、

ゆったり座って花火観賞ができるのでおすすめ!

 

場所によっては木々が生い茂り邪魔になるところがあるので、

打上ポイントを遮るものがないところをしっかり確保してくださいね。
IMG_8367
IMG_8367 / y_uno

まとめ

今回の隅田川花火大会についてはどうでしたか?

隅田川花火は東京でも屈指の人気を誇る花火大会なので、

有料観覧席の募集もかなり早いです。(今年はもう終了。(泣))

 

有料観覧席が確保できなかった・・・という方は、

上の穴場観賞スポット紹介を参考にして、

大迫力花火を十二分に堪能してくださいね。

 

当日18:00ごろ~国道6号周辺等で交通規制が行なわれ、

車が通れなくなるので1時間~1時間30分からスタンバイしておくと、

近くで花火観賞することも不可能ではありません。

 

また、上で紹介した他の穴場観賞スポットとして、

  • 両国国技館周辺
  • 国道6号(水戸街道)
  • 浅草寺周辺
  • 大横川親水公園周辺
  • 隅田公園周辺
  • 清澄通り(特に「第一ホテル両国」周辺)

他にも皆さんなりの穴場スポットを見つけてみてくださいね。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す