世界遺産 姫路城の工事はいつまで?グランドオープンは?

ご訪問ありがとうございます。

白鷺城と呼ばれ、優美な姿で私たちを出迎えてくれるお城といえばどこでしょうか?

 

国宝に認定されており、日本初の世界文化遺産登録といえば、

もうお分かりですね~。(訪れた方も多いのでは?)

 

そうですっ!日本一の名城といわれている『姫路城』です。(別名:白鷺城)

最近では、某放送局の大河ドラマ「黒田官兵衛」で盛り上がっている、

兵庫県にあるお城で多くの方に親しまれています。(美しい!)

姫路城の桜 (Cherry Blossoms at Himeji Castle)
姫路城の桜 (Cherry Blossoms at Himeji Castle) / cyber0515

 

そんな姫路城は現在、「大天守の保存修理工事」が行なわれており、

大天守周辺の見学ができない状況となっています。

(修理を見学する施設も2014年1月15日をもって閉館中。)

 

保存修理工事は定期的に必要だとは思いますが、

美しい白鷺城が見えないとなると修理の終了が待ち遠しいですよね~。

 

その2009年10月から行なわれていた保存修理工事が、

なんと今年、やっとこさ終わりグランドオープンされることを知っていますか?(嬉)

 

それが、桜の美しい季節と重なり、これは行かないと損してしまうかも?

姫路城は桜の名所としても有名ですよね~。

ソメイヨシノ、ヤマザクラを初めとした約1000本が咲き誇る景色は圧巻!

 

兵庫県、日本の宝、日本一の名城といわれるだけあって、

いつ行っても美しいですがこの時期は、一段と輝きを増しますね。

ライトアップもされるので一層です。)

 

そろそろ気になってきました?世界遺産 姫路城。

そこで今回は、姫路城のグランドオープンが気になっている方へ、

工事の終了はいつなのか、基本情報に加えて、

お花見情報も合わせて紹介していきますね。

      目次

  • 姫路城の工事はいつまで?
  • 姫路城の基本情報(お花見情報も)は?
  • 姫路城のお花見スポットを紹介~!

姫路城の工事はいつまで?

姫路城の大天守保存修理工事期間は、

2009年10月から2015年3月26日までなが~く行なわれてきました。

 

そして、約5年半の時を経て新生「姫路城」がお披露目となるのが、

2015年3月27日(金)』なんです!(メモっメモっ!)

 

5年ぶりのお披露目なので待ち遠しかったですが、

綺麗な「白鷺城」を目の前にすればそんなこと忘れるはずっ!

姫路城の基本情報(お花見情報も)は?

前章で、姫路城の長かった工事がいつ終わり、

白鷺城のグランドオープンがいつになるのか?はわかってもらえたと思います。

 

この章では、姫路城の基本的な情報について

わかりやすく紹介していきますね。(もちろん、お花見情報も~。)

姫路城の基本情報

  • 桜の見ごろ3月下旬~4月初め
  • 桜の種類:ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラ等
  • 桜の本数:約1000本
  • 住所:兵庫県姫路市本町68
  • ライトアップ時期:2015年は4月4日~4月10日
  • 点灯時間:日没(18:00ごろ)~21:00
  • 桜まつり:姫路城観桜会,お花見太鼓(2015年4月4日)
  • 入城料金:高校生以上400円、中学生以下100円
  • 公園料金:無料
  • 営業時間:9:00~16:00(4月~8月は~17:00)
  • 定休日:無休
  • アクセス(電車):JR姫路駅から徒歩13分
  • アクセス(車):山陽姫路東ICから姫路駅方面へ約6km
  • 駐車場:近隣にあり(後ほど)
  • 禁止事項:火気使用、有料区域での飲食
  • 売店の数:2店舗
  • トイレの数:常設3ヵ所
  • TEL:079-285-1146(姫路城管理事務所)

基本情報は変更になる場合があります

姫路城へ車で行こうと思っている方は、

姫路城のすぐ横に『大手門駐車場』がありますよ。

 

収容台数582台、終日営業、最初の3時間は500円

1日800円なので、まずはこの駐車場を目指すと良いかも。

 

また現在、姫路城の大天守周辺は改修工事が行なわれえているので、

現地に出向いても見学することは出来ません。(残念)

 

しかし、「リの一渡櫓」(官兵衛の歴史館:現在閉館)のある上山里曲輪や

西の丸周辺は通常通り見学することが出来ますよ。

 

また、この時期どうしても気になるのが姫路城の桜だと思いますが、

せっかくなら満開時期に合わせて行きたいですよね?

 

兵庫県の例年の桜の開花は、3月下旬ごろで、

満開・見ごろは4月初めごろとなっています。

 

今年の姫路城周辺の桜開花も3月下旬(3月29日前後ごろ)で、

満開・見ごろは、4月初め(4月6日前後ごろ)なので、

お花見の予定を立てるときはこの時期を参考に立ててくださいね。

 

多少、気候により開花時期は変動するので、

しっかり開花予報を要チェックですよ!

 

築城400年の歴史を持つ姫路城とそれを彩る桜は、ベストマッチ!

是非とも満開・見ごろのときに訪れて欲しいです~。

姫路城のお花見スポットを紹介~!

そして、予告通りここからはおすすめお花見スポットについて

わかりやすく紹介していきますね。

姫路城のおすすめお花見スポット

  • 三の丸広場の桜並木と高台からの景色
  • 西の丸庭園
  • 姫路神社から姫山公園お堀沿い

今回は、王道スポットの紹介となります。(是非見てもらいたいので~。)

三の丸広場の桜並木は絶対に外せません!

 

大手門から公園内に入ったときは、

まず三の丸広場が見えてくるのでここの桜並木と、

高台からの景色を楽しみましょう。

 

次に、おすすめするのは西の丸庭園の『シダレザクラ』。

西の丸庭園は、三の丸広場を過ぎ、迎賓館、管理事務所を超えて、

三国濠」が見えてきたところを左に行くとあります。(「葵の門」が目印。)

 

西の丸庭園のシダレザクラは超巨大で必見!

見ごろの時期はライトアップされているので、

姫路城、月、シダレザクラが良い感じにマッチしています。

 

最後に、姫路城の北側の濠沿いにある姫山公園、

姫路神社の濠沿い桜並木は締めとしては最高ですね。

 

姫路神社でお参りした後、内濠沿いを散歩しながら桜のお花見。

ゆっくり休憩しながら散歩すると90分ぐらいのコースです。

まとめ

今回の姫路城のグランドオープン、桜についてはどうでしたか?

日本で初めての世界文化遺産認定、日本三名城、国宝四城等、

肩書きだけでも一度は見ないとっ!(たとえ、お城に興味がなくとも。(笑))

 

大改修でより一層美しさが引き立つであろう、

白漆喰」で塗られた城壁の美しさは他城を寄せ付けないほど。

 

また、姫路城周辺にもたくさんの史跡、観光名所があるので、

せっかくなら合わせて観光したいですよね?

 

そんなときに役立つのが『レンタサイクル』。

車、公共交通機関だと見逃してしまいがちなところも、

自転車なら意外な穴場を見つけられるかも。

 

姫路市が提供している「観光レンタサイクル」は、

姫路市観光案内所や、先に紹介した「大手門駐車場」で、

申込用紙に必要事項を記入すると無料で借りることができます。

 

受付時間は9:00~16:00で返却時間は18:00までなので、

是非、周辺観光のお供に利用しましょう!(大手門での返却は17:30まで)

詳しくは、姫路市観光案内所079-287-0003)までお問い合わせください。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す