吉田の火祭り2015はいつ?見どころや駐車場情報は?

ご訪問ありがとうございます。

夏休みに入り、休日を全力で満喫している方も多いと思います。

今年の夏はどこに行きましたか?(楽しかったですか?(嬉))

 

まだ、全然夏は終わっていませんが、

あれはもうそろそろ終わってしまいますね~。

あれ?という方はまずこちら↓ を観てみてください。

どうですか?この映像がどう関係しているの?と思っているかもしれませんが、

あれとは「富士登山」なんですね。(まだ??の方います?)

 

富士山といえば2013年に「世界文化遺産」に登録され、

今まで以上に人気が急上昇しています。(誇らしいですね。)

 

意外に知られていないかもしれませんが、

富士山には登山可能期間7月上旬~9月上旬)があり、

それ以外の時期にも登山することは可能ですが大変危険です。

 

一生に一度はしたいっ!富士登山ですが、

その夏の富士登山シーズンの終わりを告げる夏祭りが開催されますよ。

 

それが、『吉田の火祭り・すすき祭り』。

吉田の火祭りは「日本三大奇祭」の一つに数えられるお祭り。

 

北口本宮富士浅間神社諏訪神社の両社のお祭りで、

名前の通り、街中に作られた高さ3メートルの大松明70余本

各家に設置された松明(たいまつ)が一斉に点火された光景はまさに「火の海」。

 

大迫力の光景ながら、観ているだけで、

あのキャンプファイヤーを眺めているときに感じる、

ゆったりとした「癒し」でリラックスもできますよ。(炎を見るのって和みますね。)

 

気になってきましたか?吉田の火祭り。

そこで今回は、吉田の火祭り2015が気になっている方へ、

日程・基本情報、見どころ、アクセス・駐車場情報について

わかりやすく紹介していきますね。

           目次

  • 吉田の火祭り2015の日程・基本情報は?
  • 吉田の火祭りへのアクセス、周辺の駐車場は?
  • まとめ

吉田の火祭り2015の日程・基本情報は?


富士山の夏山シーズンの終わりを告げる吉田の火祭りは、

神輿2基が氏子中、街中を渡御し、

巨大な大松明が街中に点く様はまさに圧巻ですね。

 

そして、通りにはお祭りの定番、夜店もたくさん出るので、

そっちの楽しみも忘れていませんよ~。(嬉)

 

そんな吉田の火祭り2015の日程・基本情報について

早速、わかりやすく紹介していきますね。

吉田の火祭り2015の日程・基本情報

  • 開催日:2015年8月26日(水)、27日(木)
  • 開催時間(26日):15:00~22:00
  • 開催時間(27日):14:00~19:00
  • 会場:北口本宮富士浅間神社周辺
  • 住所:山梨県富士吉田市上吉田5558
  • 荒天の場合:雨天決行
  • 昨年の人出:約19万人(ほとんど26日の火祭り)
  • 料金:無料
  • 見所:「火の海?と化す街」←行くと味わえますよ。
  • アクセス(電車):富士山駅から徒歩約4分
  • アクセス(車):河口湖ICから県道138号経由で約11分
  • 駐車場:無料約550台あり
  • 交通規制あり(周辺で開催時間前後に実施)
  • TEL:0555-21-1000(ふじよしだ観光振興サービス)

基本情報は変更になる場合があります

吉田の火祭りは今では「北口本宮富士浅間神社」と

諏訪神社」の両社として知られていますが、

本来は諏訪神社の祭礼として始まりとされています。

 

諏訪神社の起源は今から約500年以上も前とされ、

吉田之新宿帳」(1572年に記録)によれば、

吉田の火祭りは約400年以上前から行なわれていました。

 

日本三奇祭とされながらも由緒正しい火祭りに、

是非、富士登山と一緒に訪れてみてはいかがでしょうか?

a0002_000598

吉田の火祭りへのアクセス、周辺の駐車場は?

富士山って関東地方に住んでいる方は身近かもしれませんが、

関西地方よりも西に住んでいる方には「遠い」ってイメージありませんか?

 

そんなイメージ?を払拭すべく(笑)、

この章では、東京方面からはもちろんのこと、

大阪方面からのアクセスについて紹介していきますね。

 

東京方面から行く場合

東京方面から富士吉田へ行く場合、

主に「高速バス」か「電車」で行くことができます。(あと、「車」ですね。)

 

高速バスで行く場合、新宿駅前から山中湖方面の高速バスに乗り、

1時間50分、片道1750円ほどです。

 

電車で行こうとすると、新宿駅から「ホリデー快速」等に乗り、

富士山駅まで約2時間、片道3600円ほど。

 

車だと、東京方面から東名高速等を利用し、

御殿場ICまで片道約85kmの距離ですね。

 

大阪方面から行く場合

大阪から富士吉田方面へ向かう場合、

新幹線・電車」か「高速バス」で向かうことができます。(あと、「車」も。)

 

新幹線・電車で行こうとすると、「新大阪駅」から新幹線に乗り、

「新横浜」で乗り換え、「大月」から富士急行に乗ります。

所要時間は約4時間50分、片道16000円ほど。

 

次に高速バスで行こうとすると、富士急行の「深夜バス」となり、

大阪(あべの橋)バスターミナルを21:35に出発し、

富士山駅に翌8:39に到着する予定ですね。

 

深夜バスの料金は片道7400円(3列シート、往復13300円)で、

子供料金は半額となっています。

 

車で行こうとすると、大阪方面から新東名高速経由で、

所要時間約5時間20分、片道440kmの道のり。(行けなくはないですね。)

 

そして、東京方面から、大阪方面から、

車で行こうと思っている方が気になるのは、

やはり『駐車場』ですよね?

 

北口本宮富士浅間神社は、参道入口から本殿までの距離が長く、

歩くと20分ぐらいかかります。(その間に「大松明」の炎が出迎え。)

 

通常、その参道周辺に「浅間茶屋駐車場」等、

100台の駐車場が設けられていますが、

吉田の火祭り期間中には『臨時駐車場』が設置されますよ。

 

数に限りがありますが、例年「吉田西小学校」(200台)、

吉田市役所」(250台)等が臨時駐車場として設けられます。(有難い)

 

お祭り当日はかなりの混雑が予想されるので、

駐車場に停められる保証はありませんよ。

(できれば公共交通機関を利用して行きましょう。)

a0070_000121

まとめ

今回の吉田の火祭りについてはどうでしたか?

最寄り駅の富士山駅のお隣には「富士急ハイランド」があります。

夏休みにもってこいな遊園地で良いですね~。

 

また、富士登山も忘れてはいけませんよ。

しかし、そこまでは・・・という方におすすめなのが、

道の駅 富士吉田』ですね~。

 

最近、人気スポットとなっている道の駅ですが、

吉田の火祭りまでの軽い観光にもってこいですよ。

(特に車で行こうと思っている方は要チェック!)

 

山梨県富士吉田市新屋1936-6にある道の駅 富士吉田は、

富士山駅から国道138号線を山中方面へ約9分の距離。

 

富士吉田名物「吉田のうどん」が食べられたり、

富士山麓の名水を持ち帰られる他、

お土産を買うのに最適な「物産館」も充実しています。

 

富士山が目の前にそびえるロケーションを是非味わってみてくださいね。

道の駅は夜7時ぐらいまで営業しているので、

車で行こうと思っている方は吉田の火祭りの前哨戦にどうぞ~。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す