愛知 炎の祭典2015はいつ?観覧席チケットや見どころは?

ご訪問ありがとうございます。

日本全国にはたくさんの文化・伝統があり、

私たちは「お祭り」という形でそれらに触れることができますね。

 

皆さんは今年、どこのお祭りに行きましたか?

また、全国各地にたくさんあるということは、

それだけ??というような変わったものや危ない?ものもたくさん!

 

そんな中、炎を使った、用いた花火大会、お祭りでは、

全国でも有数の危なさ?(私はやりたくない!(泣))ものがあります。

まずは、こちら↓ を見てみてください。

どうですか?危険と隣り合わせとはこのことを言うんでしょうか?(笑)

もちろん、自分では絶対にやりたくはないですが、

観ている分ではかなりの迫力を味わえること間違いなしですね~。

 

巨大な手筒に入った火薬に火を付け、

それを体全体で支えるんですから、想像しただけで熱いっ!

 

その豪快な炎のお祭りが、『炎の祭典』。

炎の祭典とは、愛知県東三河地域で開催される花火大会で、

各猛者達が火柱を上げる手筒を豪快に支える様は必見!(おぉ~。)

 

20mにも上る炎柱は壮大なスケールで、

火の粉を体に浴びながら打ち上げる光景は、

全国でもなかなか見られるものではないですよ。

 

他にも炎の祭典では、手筒花火だけではなく、

仕掛け花火」「スターマイン」等の花火も楽しめますよ~。

 

気になってきましたか?炎の祭典。

そこで今回は、炎の祭典2015が気になっている方へ、

日程・基本情報、観覧席チケットについて

わかりやすく紹介していきますね。

        目次

  • 炎の祭典2015の日程・基本情報は?
  • 炎の祭典2015の観覧席チケットは?
  • まとめ(炎の祭典のおすすめ土産を紹介~!)

炎の祭典2015の日程・基本情報は?


多くの花火大会・お祭りは「7月」「8月」に開催されますが、

炎の祭典は『9月中旬』開催なので、蒸し蒸しとした暑さは和らぎ、

涼しく観賞することができますよ。(お祭り自体は激アツっ!!)

 

しかし、会場、火柱の熱気で涼しさなんて吹っ飛んでしまいますが(笑)、

それでも良いという方へ、炎の祭典2015の日程・基本情報について

早速、わかりやすく紹介していきますね。

炎の祭典2015の日程・基本情報

  • 開催日:2015年9月12日(土)
  • 花火打上時間:18:00~20:30ごろ
  • 会場:豊橋球場周辺一帯
  • 住所:愛知県豊橋市今橋町4
  • 荒天の場合:小雨決行(荒天時は翌日に順延)
  • 花火打上数:約870発(手筒花火220本含む)
  • 花火の種類:「手筒花火」「スターマイン」「綱火」等
  • 見どころ:「約20mまで立ち上る手筒花火の火柱
  • 昨年の人出:約5万6000
  • 有料観覧席あり(詳しくは次章にて紹介!)
  • アクセス(電車):豊橋駅から路面電車で約10分
  • アクセス(車):名古屋方面→東名高で約1時間30分
  • 駐車場:なし(周辺の有料駐車場利用)
  • 交通規制:なし
  • トイレの数:常設1基、仮設15基
  • TEL:0532-53-7211(炎の祭典実行委員会)

基本情報は変更になる場合があります

花火打上数を見て、「少なっ!」と思ったあなた、

手筒花火25本がいっせきに約20m火柱を上げる様は、

他の大規模花火大会に引けをとりませんよ~。

 

また、当日「交通規制は行われない」予定ですが、

会場の豊橋球場周辺一帯は混雑が予想されます。

 

会場へは公共交通機関を利用して行くことをおすすめしますが、

休日の方も多いので、やはり「」で行こうと思っている方もいるのでは?

 

周辺でまあまあ大きな駐車場でおすすめできるのは、

豊橋市駅前大通り2丁目にある『駅前大通公共駐車場』。

 

大きいといっても収容台数150台しかないので心もとないですが、

周辺は10台~ぐらいのところが多いので大きいほうだと思います。

 

駅前大通公共駐車場は、30分毎150円、入庫が7:00~22:00

年中無休で1泊駐車(21:30~翌7:30)は630円となっています。

 

そして、駅前大通公共駐車場には「第1」と「第2」があり、

駅前大通1丁目には「第2駐車場」(収容台数144台)があります。

 

こちらの入出庫時間は5:00~24:00で料金等は、

第1駐車場と変わらないので車で行こうと思っている方は、

ここを目指すと良いかもしれませんよ。
手筒花火(Tezutsu Fireworks)
手筒花火(Tezutsu Fireworks) / Tagosaku

炎の祭典2015の観覧席チケットは?

豪快な火柱を早く観たいっ!という方も多数いると思いますが、

まだ少々時間があるのでそれまで「冒頭で紹介した映像」で我慢!

 

また、手筒花火の他、仕掛け花火等を一番堪能するためには、

やはり『有料観覧席』で観るのが一番~!

(良い席に有料観覧席が設置されるからですね。)

 

炎の祭典でも会場の「豊橋球場」に観覧席が設置され、

豪快な火柱、花火を観賞することができますよ。

早速、観覧席チケット概要についておさらいしていきましょう。

炎の祭典2015:観覧席チケット概要(予定)

  • チケット販売開始8月4日(火)
  • 販売場所:全国のチケットぴあ、コンビニで購入可
  • 販売場所②:豊橋商工会議所
  • 料金:桟敷SS席:前売1人3500円(当日4000円)
  • 料金:桟敷S席:前売1人2500円(当日3000円)
  • 料金:イスA席:前売1人1000円(当日1500円)
  • 料金:内野スタンド席:当日のみ1人1000円
  • 料金:外野スタンド席:当日のみ1人500円
  • 料金:写真撮影エリア新設!!):1人3000円
  • 問合せTEL:0532-53-7211(豊橋商工会議所)

概要は変更になる場合があります

「桟敷SS席」は豊橋商工会議所でのみ購入可です

「内野・外野スタンド席」は当日のみの自由席で、

他の席は全席座席指定となっています

当日券も用意されていますが若干数なので、

できれば前売チケットを確保しておくことをおすすめ!

 

また、迷うことはないと思いますが、

炎の祭典の会場は『豊橋公園内豊橋球場』。

 

近くに「豊橋市民球場」というところもあるので、

周辺地理に詳しくない方はお間違えなく~。
手筒花火 Tezutsu Fireworks
手筒花火 Tezutsu Fireworks / Tagosaku

まとめ

今回の炎の祭典についてはどうでしたか?

炎の祭典の手筒花火は豊橋球場内の特設会場で行なわれ、

観覧席は球場内に設置されるのまさに特等席から観れますね。

 

そして、冒頭の「目次」で気になった方もいるかと思いますが、

このまとめではおすすめお土産を紹介していきますね。

 

ベタなところでいくと、三河・豊橋のお土産としては、

ちくわ』が有名ですね。(創業180年余りの「ヤマサちくわ」は有名!)

 

しか~し、せっかく炎の祭典が行なわれるので、

それに関連したお土産を知りたくないですか?

 

おすすめのお土産は『放揚済 手筒花火』です。

20m火柱を上げ、私たちを楽しませてくれた

あの手筒花火(放揚済)を手に入れることができるんですね~。

 

誰がいるねんっ!」という声が聞こえてきそうですが(笑)、

昔から東三河地域の商店では『魔除け・厄除け・商売繁盛』のため、

軒先に置いておく習慣があるほど。

 

多少のノリ的な要素も含まれますが(汗)、

炎の祭典の思い出に1家1本、どうでしょうか?

 

購入は豊橋お土産・特産品を扱う「ええじゃないか通販」にて、

1本6480円(税込み・送料別)で購入できますよ~。

(詳しいお問い合わせは、0120-1484-55までお願いします。)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す