名古屋まつり2015はいつ?観覧席チケットや見どころは?

ご訪問ありがとうございます。

最近、歴女(れきじょ)と呼ばれる歴史好きの女性が、

目下急増中?というニュースを目にすることが多くなりましたね~。

 

皆さんの中にも歴女の方々?がいると思いますが、

男なら「天下統一」に憧れ、歴史好きも多いのでは?

 

そんな天下統一切っても切れない関係にあるのが、

そう、戦国時代で「戦国時代+天下統一」といえば・・・あの武将たち!

 

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康~。

ホトトギスの話でどの武将派か?盛り上がった方も多いのでは?)

 

そんな三英傑を輩出したのが何を隠そう尾張国、

そして、尾張は愛知県西部に位置しますね。(知っていました?)

(厳密に言えば、家康は隣の三河出身ですが・・・。)

 

三英傑が尾張国出身だということを言いたいのではなく(汗)、

三英傑の活躍を再現した行列が堪能できるお祭りがあるんです。

まずはこちら↓ を観てみてください。

どうですか? 迫力あるお祭りだということが映像でもわかると思います。

このお祭りはもちろん、愛知県・名古屋で開催され、

行列だけではなく、山車フラワーカー等のパレードも観れますよ!

 

それが名古屋・秋の風物詩名古屋まつり』。

例年、10月中旬に2日間の日程で開催され、

今年で61回目となり毎年多くの方に親しまれています。(嬉)

 

名古屋まつりは例年200万人を超える人出を数えますが、

今年はイベントも増え、盛り上がりも延長必至なので、

その数を超してくると思いますよ。(大人気~!)

 

また、毎年「名古屋まつり」の最終日は、

その開催を記念して?市内の施設が『無料開放』されるのも要注目!

 

そろそろ気になってきましたか?名古屋まつり。

そこで今回は名古屋まつり2015が気になっている方へ、

日程・基本情報、見どころ、チケット、無料開放施設について

わかりやすく紹介していきますね。

       目次

  • 名古屋まつり2015の日程・基本情報は?
  • 名古屋まつり2015のチケット・無料開放施設は?
  • まとめ(周辺のおすすめグルメ紹介~!)

名古屋まつり2015の日程・基本情報は?


昨年から名古屋まつりのポスターには、

お笑い芸人・オリエンタルラジオの中田敦彦さんが製作した、

三英傑キャラクター「のぶにゃが」「ひでよち」「いえやちゅ」が登場!

 

昨年は60回目の節目大会だったので、

大会開催は3日間(例年は2日間)となりましたが、

今年は通常の2日間開催となるのでご注意を~。

 

そんな名古屋まつり2015の日程・基本情報について

早速、わかりやすく紹介していきますね。

名古屋まつり2015の日程・基本情報

  • 開催日:2015年10月17日(土),18日(日)
  • 時間:11:30ごろ~20:00ごろ(行事により異なる)
  • 会場:久屋大通公園会場等
  • 住所:愛知県名古屋市中区等
  • 昨年の人出:約228万
  • 見どころ:「郷土英傑行列」「山車揃」「神楽揃」等
  • 料金:無料
  • 有料観覧席:あり(詳細は次章にて紹介!)
  • お得情報18日のみ一部市内施設が無料開放!
  • おいしい情報:「ご当地うまいもん市場」は是非!
  • アクセス(電車):地下鉄・栄駅からすぐ
  • アクセス(車):名古屋→広小路通・約12分(3.4km)
  • 駐車場:なし(周辺の有料駐車場利用)
  • TEL:052-953-7584(名古屋おしえてダイアル)

基本情報は変更になる場合があります

名古屋まつり開催中は、周辺が祭り一色になるので、

かなり混雑することが予想というかします。(断言!)

 

名古屋は意外に?電車が不便(線が偏っているので)ですが、

会場周辺へは電車でのアクセスがおすすめ!

 

しかし、人気イベント+週末開催ということで、

やはり「」で行こうと思っている方のために、

おすすめ『駐車場』を紹介しておきますね。

 

おすすめ駐車場は、『ヤマサンパーキング』。

栄駅から約460mにあるヤマサンパーキングは、

中区栄3-17-1にあり、収容台数285台(周辺では大きめ)です。

 

営業時間7:30~翌1:00、料金は30分毎270円

1泊1000円(1:00~7:30)ですよ~。

 

他にも、近くに『栄三丁目ビル駐車場』(280台)があり、

住所:中区栄3-6-1、30分毎280円、営業時間7:00~23:00

栄駅まで約130m、徒歩約5分ですね。(どちらもおすすめ!)
名古屋まつり
名古屋まつり / misooden

名古屋まつり2015のチケット・無料開放施設は?

名古屋まつり見どころの一つ、「郷土英傑行列」等、

まつり行列は17日(土):「名駅~広小路通~大津通」、

18日(日):「大津通」にて開催されます。

 

また、18日に開催される大津通でのまつり行列では、

有料観覧席』が設置されるので、ゆったり快適に観ることができますよ。

(「名古屋市役所前」に観覧席に設置予定。)

 

問題は・・・「いつ発売されるか」ですよね?

残念ながら今年の発売日程についてはまだ発表されておらず、

昨年と同じごろだとすると、『9月19日』辺りになると予想されます。

 

料金はお一人様2000円、販売所は「JTB東海」「名鉄観光」、

全国の「コンビニ」「チケットぴあ」等。

チケット情報は分かり次第更新しますのでもう少しお待ちを!

 

続いて、無料開放施設の紹介~。

例年、日曜のみ(今年は18日)ですが、

有料施設の「名古屋城」「東山動物園」等が無料開放されます。

 

まだ、今年の無料開放施設の発表はされてはいませんが、

こちらもチケット発売同様、開催1ヶ月前ぐらいに発表されるのでは?

(分かり次第、更新する予定なのでもう少しお待ちを!)

 

ちなみに、昨年の無料開放施設一覧はこちら↓

  • 文化のみち二葉館
  • 文化のみち橦木館
  • 名古屋城
  • 名古屋市美術館(常設部分)
  • ランの館
  • 白鳥庭園
  • 東谷フルーツパーク
  • 東山動物園
  • 東山スカイタワー
  • 名古屋市博物館(常設部分)

名古屋まつりも楽しみたいので、

1日でこちらも全て回ることは厳しいと思いますが、

お祭りとあわせてお目当ての施設を楽しんでくださいね。
ひつまぶし
ひつまぶし / zenjiro

まとめ

今回の名古屋まつりについてはどうでしたか?

毎年約200万人以上の人出が訪れる大人気行事なので、

今年も楽しみにしている方も多いと思います。

 

また、久屋広場会場にて開催されるなごやめし行事、

ご当地うまいもん市場』でも名古屋グルメが堪能できますよ。

 

しかし、せっかく名古屋を訪れるのであれば、

名店、人気店で名古屋グルメを楽しみたくないですか?

 

私のおすすめしたいプランとしては、

祭りを楽しむ合間、無料開放されている施設に行くついでに、

その周辺にあるお店に行く!ですね。

 

おすすめグルメは、『鰻 木屋』。

木屋さんは、江戸時代から続いている老舗鰻屋で、

やはり名古屋グルメといえば「ひつまぶし」じゃないですか?(嬉)

 

三度(四度の場合も)楽しめるひつまぶしは、

うな重、うな丼とはまた一味違いますね。(うまいっ!)

 

木屋さんは、名古屋城からほど近く、東区東外堀町11にあり、

営業時間11:00~13:30、17:30~18:30(夜は要予約)です。

 

おすすめは「上ひつまぶし」(3450円、税込み)ですね。

甘辛いタレのうなぎをそのまま、薬味、ダシで堪能してください!

 

残念ながら、日曜、祝日は定休日なので、

18日(日)の無料開放施設とあわせて行くことはできませんが、

どうしてもここの鰻はおすすめしたいので紹介してしまいました!

 

土曜日は営業している予定(予約していくことをおすすめ)なので、

良かったら、是非足をお運びください。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す