「怠惰」を見える化する

ご訪問ありがとうございます。

今日は、見える化というワードはよく耳にするけど、

特に怠惰について見える化していこうということについて。

a1180_003408

 

世間で言われている「見える化」とは、

普通にしていたらなかなか視認できないものを

あえて視認できるようにして見えなかった問題を対処しよう!

というものだと私は認識しています。

 

例えば、今まで貸借対照表と損益計算書しか作ってきてなかったとします。

この2つからは、現在の資産、負債状況(財産みたいなもの)、

一年間の儲けみたいなものしかわからないですね。

 

もっと重要なものがありませんか?

そうですっ!お金の流れがわかりませんね

 

そこで登場するのが「キャッシュフロー計算書」です。

商売をする上でお金の流れは一番重要だと思いますし、

商売でなくても経済を読み解く上でも重要ですね。

 

キャッシュフロー計算書は上場しているような大きな会社でないと、

作らなくても良いのですが、「見える化」のためには

とても重要となってきますね。

会計上での見える化の一例とはこういうものだと思います。

 

今日言いたいのは、その見える化を特に、

怠惰』のものについて見える化しようということです。

 

怠惰が見える化になっているものの例としては、

脂肪」がありますね~。(泣)

 

皆さん、なんでダイエットするんですか?

わざわざ別にしんどいことしなくても良いですよね?

 

しかし、ダイエットする人がいるのは、

『怠惰』=『脂肪』が見える化されているからです。

 

そういう風に見える化することによって、

否が応にも動かざるを得ない状況に自分で

自分を追い込むことが目的です。

 

人間って痛みみたいなものを伴う、

自分ごとだと思ったときにこそ行動に繋げようとするから、

そこを利用していきましょう!

 

別に、怠惰に特化して見える化しなくても良いですよ。

全てにおいて合理的に見える化できるのであれば

それに越したことはありません。

 

しかし、利益に繋がる?メリットが見えやすいものばかりについて、

見える化するのではなく、嫌なことについても

しっかり見える化を利用していきましょう!

 

サボっていることを毎日カレンダーに書き込むとか、

グラフに目標値をつけて、今日はどれくらい達成できたとか、

どれくらい達成できなかったとかを見える化しましょう!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.